スキューバダイビングとは

日本でのスキューバダイビングのイメージは沖縄が強いのではないでしょうか。 沖縄は暖かく南国のようなイメージです。 沖縄のダイビング体験コースは豊富なので、自分に合ったものを選べると思います。 初心者でも参加できますので、気軽に体験してみましょう。

関東のダイビング体験プラン

関東でもダイビング体験ができます。 都心部に近いので日帰りで参加することができますので。 観光という感覚ではありませんが、気軽に参加できますので興味のある人はプランを調べてみてください。 ダイビング体験単体のリーズナブルな料金設定になっています。

日本北部のダイビング体験

意外と思う人もいるかもしれませんが、東北や北海道でもダイビング体験が可能です。 しかも冬季も行なっており、初心者でも参加できます。 本州に比べて若干料金が安くなっていますので、気軽に参加できるプランです。 ダイビング体験単体で参加できるプランもあります。

沖縄でダイビング体験

スキューバダイビングとは空気を詰めたタンク使用して、タンクの空気を吸入し長時間の潜水をするレジャーです。
等級の高いライセンスを取得しているダイバーは、スポーツとして取り組んでいることがあり、深い場所まで潜ることが可能です。
そもそも、ダイビングを行うにはライセンスが必要です。
ライセンスには等級があり、高い等級ほど深く潜れるという判断材料になります。
ライセンスが必要な理由は、知識や能力がなければ大変危険行為になってしまうからです。
ライセンスは資格というよりトレーニングを受けた証明証の意味合いが強いです。
この証明証を、Cカード、と呼びます。

アマチュアのCカードには6段階あり、インストラクターなしでも自由に潜れるライセンスです。
レジャーダイバーとしては最高峰の資格です。
6段階以降はプロのレベルになります。
ダイブディレクターとクラブインストラクターです。
ダイブディレクターはインストラクターの養成コースの始まりなんです。
クラブインストラクターはインストラクターとして活動したい人が、最低限取得しておきたい資格とされています。

これらのことから、ダイビングをするにはライセンスが必要なのでは、と思うでしょう。
しかし、体験ダイビングではライセンスが不要で観光でも利用している人も多いようです。
実際に未経験で泳ぎが得意ではない人でもダイビングを体験できますし、インストラクターが一緒に付いていますので安心です。